ライン

廃棄物等の管理


【キーワード表示・非表示切替】

ライン

環境保全に係る法規
1.環境基本法
 環境政策分野における基本方針や施策の方向を示す基本法のこと。
 環境問題に対する国、地方公共団体、事業者および国民の役割などについて定めている。

2.循環型社会形成推進基本法
 ① 形成すべき循環型社会の姿を明確に提示。

 ② 法の対象となる廃棄物等のうち、有用なものを循環資源と定義。

 ③ 処理の優先順位を初めて法定化した。
  「
発生抑制
」→「
再使用
」→「
再生利用
」→「
熱回収
」→「
適正処分


 ④ 国、地方公共団体、事業者及び国民の役割分担を明確化した。
 「
拡大生産者責任
」:生産者の責任を廃棄処理・リサイクルされるまで拡大する考え方のこと

 ⑤ 政府は循環型社会形成推進基本計画を策定する。

 ⑥ 循環型社会の形成のための国の施策を明示する。

3.廃棄物処理法
 廃棄物の適正処理や廃棄物処理施設の設置規制について、一層の拡充強化をはかる。

4.個別法
 それぞれの物品の特性に応じて、以下のような法律が存在する。
 ① 容器包装リサイクル法:
  容器包装ごみのリサイクルを製造者に義務付けた法律。

 ② 家電リサイクル法:
  エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の小売店による消費者からの引取りや、製造業者による再商品化について定めた法律。

 ③ 建築資材リサイクル法:
  建築物等の分別解体およびリサイクルを促進することを目的とする法律。

 ④ 食品リサイクル法
  食品メーカーや飲食店、ホテル、スーパーなどに売れ残りや食べ残しによる食品廃棄物の減量と
  飼料や肥料へのリサイクルを促進することを目的とする法律。

 ⑤ グリーン購入法
  国等の公的機関が率先して環境負荷低減になる製品・サービスの調達を推進するとともに
  適切な情報提供を行うことでグリーン購入への需要の転換を促進し、持続的発展が可能な社会の構築を目指す法律。

 ⑥ 自動車リサイクル法
  自動車のリサイクルに携わる関係者が適正な役割を担うことで、
  使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理の実施をはかるための法律。

 ⑦ 省エネ法
  工場や建築物、機械・器具についての省エネ化を進め、エネルギーの使用に関して
  合理化をすすめるための法律。
  1)省エネ法とは
   石油危機を契機に制定され、内外におけるエネルギーをめぐる経済的社会的環境に応じた
   燃料資源の有効な利用の確保を目的としている。
   省エネ法でいうエネルギーとは、燃料、熱、電気等を対象としており
   廃棄物からの回収エネルギーや風力、太陽光等の非化石エネルギーは対象としていない。
   省エネ法が規制する事業分野としては、工場等(工場または事務所その他の事業場)
   輸送、住宅・建築物、機械器具の4つがある。

  2)省エネ法が規制する工場・事業場等の分野
   事業者全体(本社、工場、支店、営業所、店舗等)の1年度間のエネルギー使用量(原油換算値)が
   合計して1500kl以上であれば、エネルギー使用量を国へ届け出て、特定事業者の指定を受けなければならない。

  3)特定連鎖化事業者も規制の対象
   フランチャイズ店も同様に、事業全体でのエネルギー管理を行わなければならない。
   フランチャイズ契約事業者を含む企業全体の年間のエネルギー使用量(原油換算値)が1500kl以上であれば
   フランチャイズチェーン本部が合計エネルギー使用量を国へ届け出て、特定連鎖化事業者の指定を受けなければならない。

  4)特定事業者または特定連鎖化事業者の義務
   使用状況の届出や中長期計画書の提出、定期報告書の報告等が義務付けられている。
   これらの報告書等の提出は、企業単位で管轄の経済産業局に提出する。

  5)エネルギー管理指定工場
   それぞれの事業者が設置する単体の工場または事業所において、年間のエネルギー使用量が
   1500kl以上の場合は、エネルギー管理指定工場として指定を受けなければならない。

ライン

廃棄物の処理・管理
1.ゼロエミッション
 廃棄物をゴミとして処理してしまうのではなく、他に使い道を探して他の分野の原材料やエネルギーなどとして利用するもので
 企業から出る廃棄物をゼロにする取り組みのこと。

2.リデュース、リユース、リサイクル、リフューズ
 [1] リデュース(発生抑制)
  ゴミの発生を抑制すること。
  製品の耐久性向上、過剰包装の削減、使い捨て商品の販売自粛、浪費型の消費習慣の見直しなどが
  発生抑制に重要と考えられる。

 [2] リユース(再利用)
  製品の再利用のこと。
  修理技術の高度化とサービスの充実、補修部品の長期在庫(生産)、中古製品市場の普及などが
  再利用に重要と考えられる。

 [3] リサイクル(再資源化)
  製品を回収して、別の用途、別の資源などとして使用すること。
  資源の分別提供および分別回収、リサイクルのしやすい製品構造、リサイクル品の購入意識の向上などが
  資源のリサイクル普及に重要と考えられる。

 [4] リフューズ
  直訳すると断るの意味。
  生活者が廃棄物(ゴミ)にすぐになるようなモノ(レジ袋など)や、環境に有害なものを断る(買わない)ことを意味する。
  環境行動や環境政策などを含めた内容も指す。
Blue Sky Area
昨日: 本日: Copyright (C) 2011- Blue Sky Area All Rights Reserved.